Entries

スポンサーサイト

KXM52-1050→Arduino→Quartz Composer→CamTwist→FME

前回のつづき。Quartz ComposerのIDE?はVBみたいな感じで、あるいみ前時代的w 決して好きな感じじゃない。コードを貼れないから、文章で説明すると、下地に白無地の[Sprite]を配置。[Kineme Serial Input]の・DataにはArduinoから「x,y」の文字列が送られてくる。これを二つの[Grep]に送り、それぞれ、正規表現でxとyに切り出す。あとは、[Math]の掛け算で0.001を掛けてやり、[Math]の足し算、または引き算で中心位置を補正して...

さよならProcessing、こんにちはQuartz Composer

前回、[Standard Firmata]のスケッチをArduinoにロードした時、『生涯このスケッチ以外をArduinoにロードする事は無いだろう』とまで思った。あれから一週間の時が流れ、気が変わった。 さよならProcessing、こんにちはQuartz Composer!! という訳で、まずはこちらのブログに従ってHello World!まで導いてもらう。で、肝心のシリアル通信は、以下を参考に。http://technolog-akichika.blogspot.jp/2008/04/quartz-composer.html200...

Arduino+Processing

前回の工作Gディスプレイのマネごとは、加速度センサーの値をLEDの点灯で表現した。LEDは10×10で暫定的な実験と終わった。本格的に作り込むとしたら、大量のLEDを配置して、シフトレジスタも増設する必要がある。ー>メンドクサイ!!カメラに加速度をビジュアル的に表現したもを写す事が目的なら、他にもやりようがある。カメラ映像にオーバーレイ、今風に言うとAR(Augmented Reality)してしまえば良い。現にそう言う商品がKaazさ...

Arduino+KXM52-1050(加速度センサー)

Gディスプレイって装置がありまして、これを車載ビデオ撮る時に置いておくと、車の加重緯度が可視化されるて、プロのテクニックを盗んだりするのにとても良いものがあります。こちらのyoutubeの2:55くらいからに出てきます。これのマネごとを今回工作してみます。参考にしたのは以下のページになります。http://kousaku-kousaku.blogspot.jp/2008/06/arduino_16.htmlまずは、秋月電子で加速度センサーKXM52-1050を購入。お値段1000...

Arduino [10×10]LEDマトリックス

前回は3本の出力PINで16個のLEDを操作してみたが、今回は10×10=100個のLEDを制御してみる。デジタル出力PINは0〜13の14本だが、ANALOG INの6本もpinMode(A0〜A5が14〜19,OUTPUT);で設定すればデジタル出力PINになるので、出力PINを20本全部使用する方法もありだが、今回はシフトレジスタ(TC74HC595AP)を二つ使用しての出力PIN7本での制御とする。参考にしたのは、http://kousaku-kousaku.blogspot.jp/2008/07/arduinoled.html電...

Arduino+TC74HC595AP

長年プログラマをしてきたが、気が付けば、制御しているものは、ハードディスク、ネットワークデバイス、モニターばかりで飽きてきた。ということで、Arduino(Made in ITALY)です。そんな、Aruduinoには、出力PINが14本アナログ入力PINが6本ついてる。アナログPINは出力PINに設定できるが、これを使っても最大で20本までしか制御できないOrzと思ってたら、シフトレジスタなるモノを使えば、もっといける!! という事で、今回は...

ARDUINO

「Arduino Uno」MADE IN ITALYのマイコン。マイコンってのは、マイ・コンピュータの略ではなく、マイクロ・コントローラーの略らしい。電気の心得は、まったくないので、電子工作は尻込みしてたが、ググってみると、これ見かけによらず、簡単そう。...

Appendix

プロフィール

kovayashi

Author:kovayashi
・嫌いなもの
 →好きなもの

・インストール
 →バンドル
・バックアップ
 →アップロード
・努力
 →チート

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。