Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kovayashi.blog120.fc2.com/tb.php/118-9e825f4d

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Scala(1)

以前から気になっていたscalaの勉強を始めました。
参考書として選んだのは、工学社の「はじめてのScala」。

はじめてのScala―「関数型+オブジェクト指向」の次世代言語! (I・O BOOKS)

今日は第一章までの感想。

★文法的には、Javaのように「なんども同じ事を書かせる」ような事はないようだ。
→よかった。

★コンパイルすると「JAVAの実行用コード」に変換されるらしい。
→VM上で動くって事かな。
 →ならばアンドロイドでも動く?
  →ぐぐったら実績あり!!
   →iPhone捨てて、アンドロイドに乗り換えるか!?

→JRubyで懲りてるので、いやな予感もする。

★オブジェクト指向の他に関数型もサポートする。
 関数型についての簡単な概念の説明あり。
 例えば、引数に与えた二つの数値の和を返す関数、add(x,y)があったとする。
 その他に、与えられた式を10回くりかえす関数、repeat(式)があったとする。
 非関数型の言語で、repeat(add(1,2))とすると、add(1,2)のリターン値をrepeat()に
 与えてしまうのに対して、関数型では「関数を値として扱える」のような説明。

 →他の知ってる言語でも関数を渡す事はできるけど、関数の括弧の中に引数を入れた形式では
  渡せないかな。でも、それで不自由は感じなかったけど。

つづく
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kovayashi.blog120.fc2.com/tb.php/118-9e825f4d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

kovayashi

Author:kovayashi
・嫌いなもの
 →好きなもの

・インストール
 →バンドル
・バックアップ
 →アップロード
・努力
 →チート

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。