Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kovayashi.blog120.fc2.com/tb.php/165-483b571f

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ふくいちライブ過去画像

ふくいちライブ過去画を取得してみる。
「パス」 「LAST-MODIFIED」 「jpegのタイムスタンプ」に注目するべく、以下作業を行なう。

画像のタイムスタンプ取得方はこちらを参考に。

>sudo gem install exifr
Password:
Successfully installed exifr-1.0.5
1 gem installed
Installing ri documentation for exifr-1.0.5...
Installing RDoc documentation for exifr-1.0.5...

で、ソース。

#!/usr/bin/ruby
require 'net/http'
Net::HTTP.version_1_2
require 'time'
require 'rubygems'
require 'exifr'

yymm='201103'
#yymm='201104'
Net::HTTP.start('pointscope01.jp', 80) do |http|
(11..31).each do |date|
# (1..30).each do |date|
(5..19).each do |hh|
path=nil
(0..59).each do |ss|
(0..59).each do |z|
datehhmmssz="%02d%02d%02d%02d" % [date,hh,ss,z]
path='/data/f1np/f1np1/pic/' + yymm+datehhmmssz + '.jpg'
r=http.get(path)
print r.code + ' ' + path
if r.code == '200'
fn='./' + yymm+datehhmmssz + '.jpg'
File.open(fn,'w') do |f|
f.write r.body
end
puts ' ' + Time.parse(r['LAST-MODIFIED']).getlocal.to_s + ' ' + EXIFR::JPEG::new(fn).date_time_original.to_s
break
end
puts
path=nil
end
break if path
end
end
end
end


実行結果をgrep "^200" したモノがこちら。左から「Httpレスポンスコード」「パス」 「LAST-MODIFIED」 「jpegのタイムスタンプ」の順番である。

2011/03/11 14:00以前のファイルは「Httpレスポンスコード」404になった。
youtubeの「ふくいちライブカメラ 2011.03.10~03.24」の人は、作成日の2011/03/24時点では取得できて様だが、それはさておき、やはり注目すべきは「パス」 「LAST-MODIFIED」 「jpegのタイムスタンプ」の法則性ですね。

違和感を感じませんか? 14日は、

後日記

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kovayashi.blog120.fc2.com/tb.php/165-483b571f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

kovayashi

Author:kovayashi
・嫌いなもの
 →好きなもの

・インストール
 →バンドル
・バックアップ
 →アップロード
・努力
 →チート

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。